格安スマホのプランは?プラン例と料金 – スマホ料金比較!月々の携帯代平均と節約術を掲載中!

格安スマホのプランは?プラン例と料金

電話もデータ通信も安く使いたい、そんな時には格安スマホが便利です。
格安スマホの場合はプランがたくさんあり、中には音声通話ができないプランがあります。
知らずに契約してしまうと電話番号の無いスマートフォンになってしまうため注意が必要です。

音声通話に対応したプランを選ぶ

音声通話に対応した格安スマホ(SIMカード)であれば、通話もインターネットも利用できるようになるので便利です。
格安スマホは既存の携帯電話会社の通信網を借りて運用しているため、通話品質にも若干の差があります。
ここでは2種類の端末とSIMカードがセットになったサービスを例にプランを見ていきます。

【So-net モバイル LTE +Talk S2プラン】

※割賦で購入できる端末にはXperiaやiPhoneがあります。(2015/5現在)
・月額:2,480円
・データ通信は月間1.5GBまで利用可能
・通信速度:下り最大150Mbps
・20円/30秒

【U-mobileスマホセットプラン】

・月額:1,980円(データ通信は月間3GBまで利用可能)
・月額:2,380円(データ通信は月間5GBまで利用可能)
・通話料:20円/30秒
価格は同じくらいですが、何が違うのでしょうか。

月間データ通信量について

これらは価格の他、データ通信に関する違いがあることが分かります。
データ通信は、1ヶ月に利用できるデータ通信容量を示しています。
アプリのダウンロードやメールの利用でもデータのやり取りを行っているので、合計1GBや2GBといった決められている通信量を超えると通信速度制限になります。
制限になると速度がもの凄く落ちてしまい、インターネットのページを表示するのにも時間がかかってしまいます。
プランによっては指定された通信量以上に利用できないプランもあります。

通信速度について

また、通信速度の記載がある場合とない場合も存在するため、一概に値段が安ければ良いものではありません。
速度が早ければインターネットの画面表示が速かったり、アプリのダウンロード時間が短くなります。
プランに応じて速度にバラつきがありますので、速度がどのくらい早くなるかも確認しておきます。

音声通話とデータ通信に注目して、自分に最適なプランを見つけ出してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)