楽天モバイルの解約手順と注意点 – スマホ料金比較!月々の携帯代平均と節約術を掲載中!

楽天モバイルの解約手順と注意点

楽天スマホの特徴まとめ

楽天モバイルとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。キャリア3社からの乗り換えなら、月々のスマホ代を安く抑えることができ、大変お得です。現在、注目を集めているのは1250円/月で使えるという低料金な点ですね。このスマホは、NTTドコモと同じ回線を使っているので、通話可能エリアや品質がdocomoと同じだという安心感もあります。さらに嬉しいのは、楽天モバイル契約中は、楽天市場で買い物して獲得したポイントが2倍になるという魅力的な特典があることです。それでは、楽天モバイルの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、お楽しみ頂ければと思います。

docomo回線網を利用した格安スマホサービス

楽天モバイルの格安スマホサービスはドコモの回線が使われています。つまり、通話品質はドコモとなんら変わりなく、通信エリアもNTT docomoと同じであるため国内の広範囲で利用することができます。お切り替えは、ドコモのスマホをお使いであれば、ほとんどの機種がそのまま楽天モバイルでお使いいただけます。楽天モバイルのSIMフリースマホをセット購入することも可能です。すでにNTTドコモのスマホをお持ちの方は、SIMカードのみの契約で楽天モバイルの利用を開始できますので、新しくスマートフォンを購入する必要もありません。楽天モバイルは、安心のドコモ回線を利用できるお得な格安スマホなのです。

格安スマホの機種がよりどりみどり

楽天モバイルの契約をするにあたって対応する端末をお持ちでない場合、新たに対応端末を購入することが必要です。楽天モバイルではそうしたスマホ本体もセットで購入が必要な方のために、他社と比べて種類が豊富で、これが人気の秘訣でもあります。スマホ以外にもタブレットのラインアップが豊富で、使い方や好みに合わせた選択ができます。ただ、本体購入の際に気をつけることとして、端末を分割払いする場合は楽天カードを利用する必要があるということです。本体の購入のときに楽天カードがないと、端末の購入代金は一括で支払うしかありません。しかし機種の選択肢が豊富であることは、楽天モバイルの大きな魅力です。

データ通信量の翌月繰越し

契約したプラン次第でデータ容量が異なりますが、月に使用する量が少ない時もあるので残ってしまう場合もあります。楽天モバイルであれば、前の月に使いきれず余らせた通信量を、次の月に繰り越して使うことができます。大手キャリアでは当たり前になっているこのサービスですが、格安SIMの中には繰り越しができないところもあるので、繰り越しに対応している楽天モバイルはこの点魅力的です。データ通信量を無駄なく利用できるというのは、格安スマホであっても是非利用したいサービスですね。

通話料がおトクになる、楽天でんわ

楽天モバイルには,通話料が半額になる「楽天でんわ」というサービスがあります。IP電話ではなく、プレフィックス型と言われる通話サービスなので、自分の電話番号が相手側にお知らせされます。通話相手への番号通知にはいつも使っている携帯番号がそのまま使われます。つまり、電話を受けた側はあなたがいつもと同じように電話を掛けてきたようにしか見えません。たいていのIP電話は相手側に番号が表示されず、不信感を抱かれてしまったり、050番号が表示されたりして、発信者が分かりづらく使いづらいのですが、楽天でんわであれば、そのような心配な不要です。また、楽天でんわでかけた通話料にも、楽天ポイントとして貯めることができますので、とてもお得です!つい最近、キャリアと同じようなかけ放題サービスも開始となりました。

5分かけ放題オプションとは?

携帯会社の大手3社(docomo、au、Softbank)では、通話無料のかけ放題プランがありますが、だいたいのMVNOが、無料通話のサービスをやってはいません。MVNOは格安なのが売りです。しかし、電話使用が多いから料金がかかるのではないか、という不安のある方もいます。ですが、安心のサービスが始まりました。楽天モバイルでは1カ月の利用料金が850円で、日本中どこでも最初の5分は回数に関係なく無料になるという魅力的なオプションができました。このオプションは、通常の回線と同じく電話回線を使うため、楽天でんわや通常の発信と同じく、発信者番号を通知してくれるので、特別な違いを感じることなく通話し放題プランを利用できることが一つの売りとなっています。NifMoのかけ放題プランでは、発信者番号を通知できない事例があるようです。楽天でんわを使用した場合、通常1分21.6円の通話料ですので、おおよそ、1ヶ月の通話時間が1時間を越える方であれば、ぜひとも組み入れたいオプションでありましょう。

初月は無料は嬉しい

楽天モバイルを契約すると、初めの1ヶ間、月額料金がかかりません。初めの1ヶ月とは、SIMカードが手元に届いた日の月のことです。SIMカードやスマートフォンを受け取る日によっては、まるまる1ヶ月間無料で使用できることになります。ですが、今使っているスマホについても料金や解約料の支払いなどが生じるはずですから、月の初めまで待つことが良いとは限りません。

速度

楽天モバイルの回線は、NTTドコモの通信回線を採用。225Mbpsの高速通信を実現しています。通信速度については、NTTドコモと同じ回線なので、これまで他のキャリアを使用していたユーザでも不満を感じる事のない安心のスピードですね。格安でドコモの回線が利用できるという特徴が、楽天モバイルの魅力的な特徴の一つです。今後のMVOや格安スマホのサービスの成長がさらに広がり便利になっていきそうですね。

楽天モバイルの3日間制限について

楽天モバイルの場合、利用者が公平に利用できるよう、多くデータを使用した人の通信速度がコントロールされました。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 決められた容量を超過したユーザーに対して、通信速度を低めに制限する措置の対象になっていたのですが、この72時間制限廃止が話題になったのが記憶にある方も多いかと思います。楽天モバイルの格安スマホでは、直近3日のデータ使用量を憂慮する必要はもうありません。気軽に使えるのも嬉しい点ですね。

楽天の格安SIMの料金

楽天モバイルの料金や初めにかかる手数料についての紹介です。現在あなたが使用している携帯の契約料と比べて、どれだけ通信費が抑えられるか参考にしてみてください。どれぐらい節約できるのか、ここでは、楽天モバイルの料金体系について、契約時の手数料とその後かかる月額基本料から解説します。

楽天モバイルの料金プラン・初期費用

楽天モバイルの料金は、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。音声通話用のSIMは、070/080/090の番号を使用するので、通常通りの携帯電話として使う際には、データ専用SIMでなく、音声通話SIMを選択する必要があります。通話SIMの料金は、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

ベーシックプランとは、200Kbpsといった低速度の使い放題プランですので、ベーシックプラン以外のプランならLTEの高速回線が使えます。このプランでは速さが262.5Mbpsとなります。初期投資はどれも3,240円で、これに端末代がプラスされると考えてください。

解約縛りについて

解約手数料について、ご紹介していきます。解約の話ですが、データ通信専用SIMのみをお使いの場合でしたら、最低利用期間については全く気にすることはありません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。一方通話SIMについては、最低12か月の利用が必要になってきます。万が一、1年以内に解約するとなると、違約金として9800円をいただきますのでご了承ください。ただ大手携帯キャリアの場合は縛り期間がいつまでも続くのとは異なり、13ヶ月以上利用することで解約のタイミングが自由になり、更新月以外の月でも違約金が課せられないのがメリットです。

今月開催中のキャンペーン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)