格安スマホの注意点と出来ないことまとめ。キャリア専用サービスはNG – スマホ料金比較!月々の携帯代平均と節約術を掲載中!

格安スマホの注意点と出来ないことまとめ。キャリア専用サービスはNG

格安スマホを購入するに当たり、注意するべき点をご紹介します。
安く維持できて通話もインターネットも使える便利なものですが、現在使っている機能が使えなくなることがあります。
以下の点に注意して格安スマホの導入を検討してみてください。

キャリアメールが使えない

ドコモ、au、ソフトバンクなどは、専用のメールアドレスを取得して使うことができました。
格安スマホの場合、そうした「キャリアメール」と呼ばれるメールアドレスが取得できないため、Yahoo!メールやGmailなどのサービスを使うことになります。
Androidの場合は初期設定時にGmailアカウントを取得する場合が多いので、基本的にはそれを使えば問題ありません。
今までとは違うメールの使い方に最初は戸惑うかも知れませんが、慣れれば今までどおりメールの送受信利用できるようになります。

カケホーダイなどの無料通話が使えない

例えばソフトバンク同士ならホワイトプラン加入者同士が無料通話できたり、auでは指定されたプランに加入した場合に指定された時間内であればau同士の通話が無料になります。
こうした専用のサービスが使えなくなるので、今まで無料通話ができたので同じように使ってしまうと高い通話料を請求される可能性があります。
格安スマホにも通話に関するプランがあるので、選ぶ際に通話料はどの程度かかるのか確認する必要があります。

docomoスゴ得、auスマートパスなどが使えない

ドコモ「スゴ得」、au「スマートパス」などのキャリア専用サービスが使えなくなります。
今までは月額登録で使い放題だったアプリやゲームがあった場合、新たに購入する必要が出てきます。
カレンダーやメモ帳などの専用サービスがありますが、代替手段はアプリストアにたくさんあります。
どうしてもキャリア専用のサービスが使いたい理由があれば別ですが、そうでない場合はあまり気にしなくても良いです。

これらできないことを確認したうえで格安スマホに乗り換えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)